Q&A

よくある質問

薬と何が違うのですか?

薬品は薬機法で定められた成分含有量などの基準をクリアし、厚生省から承認を得て「○○に効く」といった効能を謳うことができます。

しかし、サプリメントは食品ですので、効果効能を謳うことはできません。 成分も通常食べられるものや、食品衛生法で食品添加物として認められているものに限られます。

サプリメントは薬のように即効性があったり、病気の治療を目的にしたものではなく、毎日の食生活の中で不足しがちな栄養素や機能性に優れた成分を手軽に補うことを目的としています。

栄養補給や美容など、健康な毎日を過ごすためにお役立てください